【短期間・低価格で本気で英語をマスターしたいならフィリピン留学の老舗ストーリーシェア(バギオ校)がオススメな理由!】

2020.06.19
Uncategorized

はじめに

私はフィリピン英語留学で有名な学校ストーリーシェア(バギオ校)に3ヶ月留学させて頂き、英語学習の楽しさと外国人の友達を作る事で広がる新しい可能性を手に入れる事が出来た卒業生です



卒業後の私は数多くの外国人の知り合いを持つ事ができ、また仕事場を海外に移す事にも成功しました。

(卒業してから出会ったアメリカ人経営者に誘われ、アメリカで働く事も可能かと思われましたがコロナの影響でその話は流れてしまいました😭)

英語を習得した事で自分の人生をポジティブな物に変える事が出来た私が自分のフィリピン留学の経験と数多くの海外留学関係者の話をミックスして出た結果を、「フィリピン留学を進める理由」として書いていこうと思います

嘘偽りのない経験談を書こうと思っておりますのでこれから留学を考えている人の良い参考になると思います。
どうぞ最後までお読み下さい。

英語学習は楽しい事&年齢は関係ない

まず最初に声を大にして心の底から言いたいことがあります。

英語学習は楽しい事で満ち溢れています


英語を話せるようになればなるほど自分の世界と新しい可能性が広がり、今まで見れなかった物や気付けなかった事が如何に多かったかがわかります

私は37歳から英語学習をはじめましたが心の底から「もっと早く英語学習を始めれば良かった」と思っています

それは「アラフォーの記憶力では英語学習は難しい」とか「猛勉強するには体がついていかない」とかそういった事ではありません。

「英語学習がこんなにも楽しい事だと分かっていればもっと早くに始めてたのに!」
という事です

英語学習に年齢は本当に関係ありません。

実際に私もたったの3ヶ月フィリピン留学しただけで沢山の外国人の友達を作れるようになり、彼らと朝まで呑み語らう事が出来るようになりました。

(生徒様の中には60歳を超えてから留学される方もいて、彼らが卒業する頃に彼らの英語力が確実に伸びているのを見ても英語学習に年齢は関係ないと確信できます)

英語学習の準備

心の準備が大事🤔

英語学習を始める上で一番大事な準備は「まずは英語学習というものを理解する」事だと思います

全くの素人から英語学習を始めたとしたら英会話のレベルが一人前になるまで(毎日英語に触れたとしても)恐らく5年はかかります

既にペラペラと話せる知り合いの殆どが「英語学習は一生続く終わりのない学習だ」と言っています


一人前になるのに5年かかるんです。その事を心に刻み込んで、決して焦らない事が凄く大事な事だと感じました

(私は今も英語の勉強を続けていますが解りにくい問題に遭遇したらまずはコーヒーを入れます 笑。そしてジックリとその部分と向き合います。その日1日はそれだけを理解できたらよしとしようと考えています )

たった一度の数ヶ月の語学留学で辿り着けるレベルは限られています。

留学の目的として、一度の留学でスラスラと英語が話せるようになる事を目的とせず、「英語の基本(土台)をしっかりと作り、日本に帰っても続けられる習慣と英語の勉強法を身に付ける事が目的」くらいに設定するのが丁度良いと思います
(英語の基本が理解できているだけで既にけっこう会話できます)

そして留学をスタートする前に次の3つの事を「心構え」とする事をオススメします

「毎日外国人と英会話する覚悟を決める!」

「恥をかいただけ伸びる」を心に刻み込む!

「ネイティブスピーカーのように話せる日本人も最初はここからスタートしたんだ」という事を忘れずに決して焦らない事!


※日本人はミスする事を極端に恥と感じてしまう人種です。
しかし英語留学すると毎日恥をかきます、絶対に😁
それでも毎日英語で会話をする事ができるかどうかが鍵です。

これがかなりキツイんですが、実践できてる生徒の伸びは恥ずかしがって話せない生徒の倍以上のスピードで伸びますので「恥ずかしい気持ち」をグッと乗り越えて英語で話しかけることを続けて下さいね!

あなたの英語力は必ず伸びます!

日本人の脳と舌の筋肉は”英語”を話す準備が出来ていない


文法も違う、発声しないといけない声量も違う、英語を話す上で必要な舌の筋肉も発達していない、簡単な単語すら充分な数を知らない。

これら山積みの問題を会話の中で一瞬で解決して正しい発音で話さないと残念ながら相手に伝わりません。

そんな荒技をスムーズにこなせるようになる為には・・・

やはり話しまくって”英語を話す事に慣れる”しかないのです😭
(英語学習に一段飛ばしはありません)

しかし人間の脳や体の筋肉はとても優秀で毎日英語だけを話していると英語を話す為の脳と舌の筋肉が確実に作られ、いつの間にか少しマシな発音が出来るようになり、複雑な言い回しもスラッと出るようになってきます
(自分の身体を信じましょう。諦めずに訓練すれば3日前に言えなかった事がスラスラと言えるようになります)

毎日英語を発声するという事は脳と舌の筋トレをしているようなものです

※もう一度念押しで言います
身体と脳は必ず英語を覚えてくれます
自分と自分の身体を信じてひたすらに英語と関わってください。

それと合わせて一つ注意してほしい事があります。
留学中はなるべく日本語に触れないというのがです

せっかく伸びていっている英語脳を潰してしまうのが日本語です

毎日英語を話してせっかく脳が英語脳になっていても日本語を使うとその瞬間から英語を忘れ始めます

ですから留学中は一切日本語が使えないコース(English Only policy)を選ぶ事を強くオススメします!※これ凄く大事

勉強に一番必要なのは時間ではなく、集中力。英語学習に集中出来る環境とは?

ダラダラと5時間勉強するよりも集中して2時間勉強する方が圧倒的に伸びます。
(もちろん集中して5時間勉強できる方がより良いですけどね!)

頭では分かっていても、集中力を持続したままの長時間勉強は簡単ではないですよね。

どうすれば長時間、勉強に集中できるのか?

これも方法は1つしかありません!

英語学習をしている時にあなたを誘惑する可能性がある物を全て排除する、間違いなく一番効果的です

日本で英語を継続して勉強できない理由は皆さんが予測している通り誘惑が多すぎるからです

ゲーム、TV、友達からの誘い、お気に入りの飲食店、仕事、恋人、趣味、親族との付き合いまで・・・etc

全てが英語学習と英語脳を作る事を邪魔します。

逆に留学して英語が伸びる理由も一つだけです
「勉強しかする事がない環境に身を置くから」それだけです

いわゆるオモチャのない生活です

そこで更に英語しか話せないコースを選び、スマホの文字も英語に変えてしまう。

最初はかなりキツイですが、これも必ず慣れます。

留学先では他の生徒も日本語を一切使わずになんとか英会話しようと努力し、夜遅くまで勉強しています。

そんな同級生達と生活していると、「自分もしなくては」となります

日本語を一切使えない、遊ぶ物もない、お気に入りの店もない、TVをつけても日本語の放送がない。

この状態で3ヶ月過ごせば、かなり短時間で日常会話くらいはなんとか出来るようになります。

入学した時の私の英語力は本当に0でした。
先生の言っている事も解らない。こちらの伝えたいことも伝わらない。

中学英語の基礎の基礎から勉強を始め、毎日8〜10時間勉強しました。(生まれて初めて1時間以上、机に向かいましたが、英語学習が楽しいと思えるようになったので辛くはありませんでした。)

中学英語をなんとか終わらした時、既に留学期間の1ヶ月目が終わっていました。

中学英語が理解できてからは先生の言ってる事も少しわかる。
こちらの伝えたい事もなんとか伝える事が出来るようになりました。

その時に猛烈に思った事が
「中学英語だけは日本で勉強し直してから留学を開始すればよかった。そうしていたらもっとスムーズに”自分に必要な所から”勉強する事が出来た筈。勿体無い事をしたな」


ですから留学を考えている方は中学英語だけはマスターしてから留学に出発することをオススメします

留学するのにバギオが良い理由・美しくも厳しい環境!

バギオとは?

日本から直通便で4〜5時間(関西・関東など場所によって少し変わる)ほどで来れるフィリピンとは沢山の島が集まって出来た島国です

そしてバギオとはフィリピンの島々の中でも首都マニラがあるルソン島という大きな島の北部にある都市です

バギオは周りを山々に囲まれ、標高1500メートルの場所にある事からフィリピンの天空都市と言われています



治安も良く、美しい大自然の中にある都市で気温も年間平均気温が20度(26度を越えることは滅多にありません)と南国とは思えない涼しい気候である為、留学先としてもピッタリな条件です
(フィリピンは物価も安い為、留学費用をかなり安く抑える事が出来ます。しかも英語が公用語なので殆どのフィリピン人が英語を話すという事で街での買い物や外食時にずっと英語の練習ができるというのも最大のメリットです。日本からも近いですしね!)



自然に囲まれ、気温も涼しく安定している事と英語が公用語になっているという事から、語学留学にもピッタリな都市とされ、海外から留学生が集まりモールや飲食店が増えていった都市がフィリピンのバギオです
(買い物などで不自由する事はなくいつでも最新の電化製品や化粧品が所狭しと大型モールに並んでいます)

バギオはフィリピン人にとっても憧れの休養地で、フィリピンの富裕層の別荘群などもたくさん見られます。

バスで5時間ほど北に上がればUNESCO世界遺産にも登録された「天国への階段」と呼ばれるコルディレラがあるバナウェや、スペイン植民地時代に港として繁栄した都市ビガンが美しい街並みをそのまま留めています

そしてバスに乗りバギオから西へ2時間ほどいけばサンフェルナンドやサンファンと言ったビーチリゾートがあり、ユッタリと泳げるビーチとアジア各国のサーファーが集まるサーフィンスポット、両方の海を楽しめます


英語学習をする上でバギオが最高な理由は、それらの観光地に簡単には行けないという所です

バギオの街の中心には買い物をする大型モールや飲食店は沢山ありますが娯楽施設は殆どありません

バギオシティーの中心にあるバス停からそれぞれの観光地へ行くバスのチケットは簡単に買えるのですが、現地までの移動に時間がかかる為、息抜きするとしても週末だけしか行けないという事になります



こう言った条件から「月〜金曜日はガッツリと勉強に集中」、「たまの息抜きは週末に」とメリハリがつけやすいのです

フィリピンにはこのバギオと並んで留学に人気な都市としてセブ島がありますが、セブ島はどうしても外国人向けの観光地という事もあり娯楽施設もシッカリとあります

英語学習に集中して短期でなるべく多くの英語の知識を得たい人はセブではなくバギオを絶対的にオススメします

バギオの中でも数多くある学校からストーリーシェアを進める理由

先ほど説明した通りバギオは語学留学に向いている為、沢山の英語学校があります。

そうなると「同じバギオの学校でもどの学校が良い学校なのか?」という事になります

何処の学校でも良いかというとそれは大きな間違いです

バギオの英語学校の殆どは韓国人経営です。

日本人経営の学校も幾つかあったのですが軒並み閉まっていき、現在バギオにある日本人経営の学校はストーリシェアだけです。

ストーリーシェアバギオ校は創立13年という長い歴史を持っていて、フィリピンにある数多くの語学学校の中でもかなりの老舗の部類に分類されます

そして私がストーリーシェアをオススメ出来る最大の理由は3つあります

①講師の質の高さ

②英語しか話してはいけないEOPコース(English Only Policy)の徹底ぶり

③世界に一つしかないストーリーシェアだけで使われている実戦で使う言い回しと単語が詰め込まれた教科書、CLメソッドです

まずEOPですが、他の学校でもEOPはありますが完全にEOPルールが守られている学校は残念ながら殆どありません。

ストーリーシェアのEOP制度の厳しさはかなりのスパルタぶりです
(私のように本当の素人からの入学はかなり覚悟していった方が良いと思います。本当に英語しか話せないですから! 笑笑)

ストーリーシェアはEOPルールを数回破ると、停学・退学させるという徹底ぶりです。

※日本語を使いながら英語を学ぶべーシックコースもありますがEOP生徒と絡む事は一切ありません。
(他の学校はEOPを校内だけでやっている所もありますがストーリーシェアは学校の敷地外でも完全EOPです。)

講師の質という点では新しく採用される講師に対して行われる試験のハードルもかなり高く設定されていて、英語力はもちろん、人間力までシッカリと問われるという元来ノンビリ屋さんな性格の人が多いフィリピン人には少し厳しすぎるレベルの試験が行われています
(講師達は最初からハイレベルを要求されますが講師になってからもIELTSを教える訓練と試験を定期的に受けなければいけません)


ストーリーシェアで勉強する上で使われる教科書ですが、これがまたスペシャルな教科書です

アメリカ留学、イギリス留学を経て、IELTS高得点保持者でもあり講師にして校長・ストーリーシェアの代表でもある松本 MIO氏が考案し、修正につぐ修正が重ねられたオリジナルのメソッド「CLメソッド」です

この教科書からは実際の会話で頻繁に使われる表現や、より自然な会話になるように英語の文法というよりは英語の心がシッカリと詰まった実戦で即通じる英語が学べます

(いわゆる教科書英語ではなく、実際のネイティブが使う表現を感覚的に染み込ませる事に重きをおいた超実戦的な教科書です。2020年の現在でも最近の流行りの表現など、アップデートされ続けています)

他に真似のできないEOP制度の徹底、講師の質をキープする、教科書のアップデートを怠らない。

これらを13年間手を抜く事なく徹底しているからこそ、良い学校を紹介するというエージェント業の方達にも認められ、何年ものあいだ最高基準の評価を獲得し続けています。

そして2000人を超える卒業生が松本氏が有志として開いているオンライン会に多数参加し続けています
(この会は学校関係者で無くても無料で参加できます。詳しくは最後に記してありますので確認、宜しくお願い致します)

私の実体験と現在既に海外でお仕事をなされている卒業生の声を纏めると、なんとか短期間・低価格で少しでも多くの英語の知識を得たい方に向けて、バギオという街の立地条件の良さとストーリーシェアの質の高さを自信を持ってオススメ出来ます


英語を話す時、出来栄えはメンタルでかなり変わります

英語を話す事に緊張してるようではネイティヴの鬼のような会話スピードには絶対についていけません


特に、英語初心者の方が本場の英語圏へ行って、不必要なプレッシャーや無駄な自信喪失を味わう(これホントによくありますから)事によって、本来ならもっと学べたはずの時間を無駄に使ってしまう・自室に閉じこもってしまうという事をなんとか避けて頂きたい

そういった上でもまずは気さくで優しいフィリピン人とたくさんの英会話を経験し、まずは英会話になれる!という事から最終ステップである”ネイティブと話す”、その準備を整えていただければと思います


一人前になるまで5年かかります
お互いに焦らず、シッカリと積み上げましょう

私も貴方も英語を話せるようになります!


英語を覚えて海外で働こうという方、IELTSやTOEICで高得点を取りたい方は是非フィリピン・バギオに足をお運びください

ストーリーシェアの各種サービス等

  • オンライン会・
    参加条件無しで学校と全く関係のない方も参加できます・参加費完全無料
    (世界中の人々が集まって様々な情報交換が成されています。他にも業界で成功された専門家をウェビナーとして招待し経験談や英語学習の効率的な取り組み方など有意義な会を開いています。
  • オンラインレッスン(お試し2時間無料)
  • オンライン留学(有料)
  • IELTS・TOEICに向けたスペシャルクラス(有料)
  • 本気の発音矯正クラス(有料)

※人気の留学先の国の価格差

費用がとてもかさむ海外留学、最後に簡単ではありますが留学先格国の大まかな料金表を載せておきます

※記載は1ヶ月滞在の費用です(長く滞在するほど1ヶ月に掛かる費用は安くなります)
※家賃・海外保険・飛行機代・ビザ申請費用・現地での生活費などは含まれない(カナダだけは家賃・海外保険が含まれた料金)

  • アメリカ     50万円〜70万円
  • イギリス      ※アメリカとほぼ同じ
  • カナダ      35万円〜66万円(家賃・海外保険 含む)
  • オーストラリア  25万円〜50万円
  • ニュージーランド 25万円〜50万円
  • フィリピン    10万円〜25万円

まとめ

私と英語学習の出会いはかなり遅かったですが出会えただけでも良かったと思っています

2019年6月に入学し3ヶ月後の8月に卒業しました

卒業してからまだ一年も経っていませんが数え切れない出来事と新しい友に恵まれました。

映画も日本語字幕無しで見る事ができるようになり演者の演技の違いや迫力も感じられるようになりました

日韓の問題を韓国人の方に直接伺うことが出来て、多くの若い韓国人が日本の若者と仲良くしようとしている事も知る事が出来ました。

ドイツ人の方からは「昔あった忘れてはいけない問題をどんな風に受け止め、これからどんな風に行動に移していくつもり」という事も伺え深い感銘も受けました

フランス人は冷たい人種などではなく、誇りと尊厳を守りたいと願う強い人種である事もわかりました
(彼らはフランス国内では英語を話しませんが、フランス国外で出会うと快く英語を話します。自国への誇りの表れです)

これからも英語学習を続けて海外で出会う未知の世界と可能性を楽しみながら残りの人生を豊かで幸せなものにしていこうと思っています



英語学習は楽な道ではありませんが決して辛い道でもありません。

これから英語学習に取り組もうと考えている全ての人に新しい可能性と出会いが待っている事が保証できます

お互いに視野を広く持ち、日本だけではなく地球の上で生活しましょう。

貴方は英語が話せるようになります!


※ストーリシェアに興味を持たれた方、質問や申し込み等は下記のメールアドレスまで気軽にお問い合わせください

info@storyshare.jp

タグ