【まとめ!保存版2020年】読まないと後悔するエージェントの選び方9つのポイント。オーストラリア留学・ワーホリのエージェント43社特集!

2020.01.24
学ぶ

オーストラリアは治安と気候がよく人柄もフレンドリーで英語学習にもいい。
留学費用もアメリカ、カナダ、イギリスに比べ低価格!その上、アルバイトの時給も高く、就職も待遇が良く仕事もあり、とにかく稼げる国です。
またワーホリも仕事も英語の苦手なワーホリ初心者にもおすすめな国として人気!

そんなオーストラリアのワーホリや留学も情報が多く複雑。
ビザの手続きから、現地オーストラリアでの滞在先、語学学校、仕事探し、などなどプロにサポートしてもらわないとほぼわからないからエージェントにお願いしたい。

留学エージェントを利用するメリット・デメリット

留学エージェントのメリットやデメリットを詳しく見ていきましょう。
まずは留学エージェントを利用するメリットについてご紹介します。

エージェントを使うメリット

サポートの画像
良いエージェントは自分では
調べられない情報を知っていて
生徒をベストの道に導いてくれる!

留学エージェントを使わずに自分で調べても良いのですが、時間がかかるだけで良い情報を検索できなかったり、難易度が高いので契約を勘違いしたり、申請方法を間違うこともあります。

エージェントは便利なので昔は有料で10万円〜30万円の手数料を取っていましたが、今では同じサービスが無料で受けることもできます。学校から手数料をもらっているため、そのお金で情報を提供するだけでなく色々なサポートを充実させています! 

自分にあった1番良い学校の情報や留学に必要なさまざまな手続きを代行してもらうことができます。
準備にかかる時間を計画作りや事前の勉強にカウンセラーが作ってくれるのも大きなメリットです。

現地でのサポートを受けられる

困った時にプロが助けてくれる!

留学エージェントは、現地オーストラリアでの生活、留学、バイトに関するオリエンテーションや銀行口座開設まで、緊急時の24時間対応サービスなど、さまざまな現地サポートを行っています。

特にオーストラリアは留学中に資格やスキルを身に付けたい、専門的な勉強をしたい、ボランティアなど世界で1番豊富なコース、プログラムが格安で受講できます。英語ができるその先に可能性が大きく広がる世界が自分のものになります。

留学前に語学学習のサポートを受けられる

マンツーマンレッスンの風景
留学前の英語学習、
授業サポートは超重要!

留学エージェントによっては、留学前や帰国後に語学学習の機会を提供しています。

語学力アップを目的とした留学の場合、事前にどのくらい勉強しているかが留学中の成長度合いの大きく関わってくるので、事前に学習できるのは嬉しいですよね♪

また、帰国したらせっかく覚えた語学を忘れてしまいそう…という方でも、留学エージェントのサポートを利用すれば定期的に語学に触れられるようになります。
もちろん限度はありますが、いろんなサポートを利用することで、語学を定着させることができますよ。

留学エージェントを利用するデメリット

後悔してる人の画像

次に、留学エージェントを利用するデメリットを確認していきましょう。

そもそも自分だけでは知り得ない情報を持っているはずのエージェントが実は知らなかったり、現地オフィスがあると言いながら、現地の情報を知らない、説明で聞いていた情報と違う、サポートがなかった、などあることです。

立派なウェブサイトや東京の高層ビルにオフィスがあり、エージェントを信じたのに変な学校を紹介された、ビザの更新方法が無駄にお金がかかる方法をされた、就職サポートもジャパレスしかなかったなど様々。

今回は絶対失敗したくないワーホリ初心者のために、日本とオーストラリアにある43社のオーストラリアのワーホリ・留学エージェントをまとめました。
エージェントを使うメリット・デメリットや選び方、エージェントのトップ3のエージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

>> まずはどのエージェントがいいか問合せ!またはラインで聞いてみよう!ご質問・お問合せはコチラ!

留学エージェントを選ぶ9つのポイント

お得で優良なエージェントを見つける
9つの大事なポイントを押さえよう。

では実際に留学エージェントを決める際にはどのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。 こちらでは9つのポイントをご紹介します。

留学エージェントを決める際には、1つのエージェントだけでなく複数のエージェントを比較することが大切です。

ポイント1:取扱国の多さではなく、オーストリアについて情報が深いかどうか。

まず確認しておきたいのが、オーストラリアについて詳しい情報を持っているかどうか!これはめちゃくちゃ大事です。

もちろん留学したい国や留学する目的が決まっていなければ、留学人気国などを全般的に扱っているエージェントに相談するのも1つの方法です。

ですが、たくさんの国を取り扱っているということは、各国やオーストラリアには詳しくありません。オーストラリアの最大規模の学校を調べてオススメするなどが一般的です。

しかし、大規模な学校は工場のように流れ作業的になってしまうので、一人一人の学習タイプや目的に合わせてはくれません。合う人もいれば合わない人も出てくる割合が高いです。

また仮に評判の良い学校があると行っても生徒の国籍や授業の質など、学校の傾向は絶えず変わります。それは先生やサポートをしてくれる日本人スタッフも絶えず変わるからです。

そしてオーストラリアは、世界で1番豊富な種類の学部やコースがカナダやアメリカより安くある国です。
その数が多すぎる上に、大学も大学院も毎年コースができたり消えたりします。多くの国を取り扱っている国にはそこまで把握できることはできません。

オーストラリア専門のエージェントでも把握しきれていない場合が殆どです。
これはエージェント会社というよりはエージェント個人のオーストラリア現地での勤労年数とスキル、情熱によると言っても過言ではありません。

大手のエージェントだから安心という認識の方は、意識が低いためエージェントによる情報被害にあう方が多いです。

>> オーストラリアに詳しいエージェントを知りたい方、ご質問・お問合せはコチラ!

ポイント2:どんなサポートをしているかだけではなく、サポートの質が大事!

留学エージェントによって、サポート内容はそれぞれ異なります。
初めての留学、ワーホリという方は経験が全くないので色々不安に感じ、出国前からしっかりサポートしてもらえるプランに魅力を感じます。

そしてサポート内容をみて、説明員に「サポート全て込みのフルサポートです」と言われて申し込みます。

しかしサポートを使ってみて質がよくない事にオーストラリアに行った後にわかり、「こんな程度のサポートなら30万円支払った価値はなかった」と後悔するパターンがよくあります。

とは言え、無料ならいいのかというと、サポートが中途半端だったり、間違った情報を与えたり、エージェント会社は語学学校から手数料をもらっているため、特定の学校を、評判が悪いのを隠して契約させるなど起きています。

サポート内容をチェックするだけでなく、サポートの質が良いのかどうかを知ることが最も大事です!

留学エージェントのサポート例

  • ワーホリ、語学留学のプラン作成カウンセリング
  • 留学前の英会話レッスン
  • ビザ取得代行
  • 海外留学保険の手続き
  • 学校の情報提供、入学手続き代行
  • 滞在先の紹介、相談、手配
  • 現地到着時の空港出迎え
  • 現地オフィスでのパソコン利用
  • 現地オリエンテーション
  • 現地で起きたトラブル対応
  • 出発前に現地で使えるSIMカードの無料プレゼント
  • 日本帰国後の就職、転職相談
>> どのエージェントのサポートの質が良いかを知りたい方はコチラ!
エージェントの費用の画像

ポイント3:費用は全て無料か?追加料金があるか?

エージェントからもらう見積もりに書かれている費用は、知らない間に手数料が入っていたり、ビザの代行などは別途有料など、完全無料と説明していても実は無料でない場合があります。

実際、質の良いサービスであれば、費用がかかるのは私は全く問題ないと考えています。むしろなんでも無料と言って、質の悪いものを提供するより健全だと思います。しかし、有料でも質の悪いサービスを提供しているのがエージェント業界にはあるので、それだけは避けたいです。

申込む前に実際にサービスを少し受けてみても違約金が発生しないかどうか、他のサービスと比較を快くできるかどうかが、優良エージェントの選ぶ1番大切なポイントです。私がここでオススメしているエージェントも主観的なものであり、あなたには合わないかも知れません。

キャンセル規定や細かい約款について、お金を支払う前に体験してから決めてもいいかどうかは良いエージェントかどうかを知る判断基準です。
サービスが受けられないというのは自信がないからだと思います。

>> まずはどのエージェントが無料でサービスを体験できるか問合せ!またはラインで聞いてみよう!ご質問・お問合せはコチラ!

ポイント4:カウンセラーの質=年数、経歴と留学前から現地後も同じカウンセラーがするかどうか?

留学エージェントの1番重要なタスク、存在意義はこのカウンセリングです。

なぜなら良いカウンセラーはオーストラリアの膨大な情報をもち、毎年変化する内容を正確に把握し、あなたに必要な情報を頭の中で瞬時に絞り、より最適な情報を再確認し、提示します。

これがあるから生徒は安心して、調べることなく、何をすれば良いか、だけに時間を集中させることができます。つまり最適な計画を立てることができるのです。

これができるには、正直1年、2年の新人には無理です。ましてワーホリ中の若いバイトスタッフには無理です。大手のエージェントになる程、スタッフの勤務年数が短いのでたらい回しにされた挙句に浅い情報=マニュアル通りの紹介先しか提示されません。

かと言って小さいエージェントであればいいのかというとそうではありません。
要はそう言った現地オーストラリアに長くいて、膨大な情報を保有し最適な情報を選んでくれる有能なエージェントを見つけることが必要です。

留学エージェントを決める際には以下のような点を確認しましょう。

  • 日本にいる時から現地オーストラリアに留学後、ワーホリ後も同じエージェントが担当してサポートしてくれるかどうか?

    よくある失敗談が、国内の担当者は親切だったのに、現地スタッフは最悪だったというケースが多発しているからです。これは本当に注意してください。もっと酷いのは担当者が辞めてしまって言われたことと違うことがあり、契約書にも書いてない事柄なのでどうすることもできない。

    できればカウンセリングの相談を録音する、メールやラインのやりとりを保存しておくことです!

  • オーストラリアで何年エージェントのカウンセリングをしているか?
    5年以上あれば情熱があると言えます。4年以下では情熱とは言えないと個人的に思います。

  • 過去の職歴を聞く
    大企業出身でないといけない訳ではないですが、
    そう言った場で活躍できる方は努力と結果を出しているので優秀で誠実かどうかの判断基準にはなります。

    「留学経験がある、就労経験がある」などはほぼ意味ありません。4年制の大学に正規留学して卒業したかどうか?その大学がお金で卒業できるレベルでないかどうか?どの企業で海外就労の経験があるか?も基準になります。ジャパニーズレストランやコールセンターとグーグルやアップルでの就業経験値は違います。

    ちなみに上記に挙げた優秀な方は5%にも満たないと思います。もしそう言った方を見つけることができれば100万円以上の価値を無料でゲットしたということになります。そういう優秀な方のカウンセリングは1時間数万円を支払うのが普通です。彼らはカウンセリングをするエージェントの給料よりも、もっと稼げる仕事についているからです。情熱があるということはそういうことです。

  • 優秀なエージェントかどうかを知るために、「先輩からスポーツトレーニングの最先端を習える大学院がクイーンズにあると聞いたのでそこに行きたいのですが、どうすればいいですか?」

    と質問してその対応を私に教えてください。そのエージェントが優秀かどうか私なりに判断、解説できます。

  • メールやラインなどのやりとりがスムーズか ?
    これは常識です。


>> 一貫してしっかりしたエージェントが知りたい方はまずはお問合せ!またはライン!

ポイント5:現地サポートの内容と質

日本でのサポートが良くても現地でのサポートがめちゃくちゃというケースが頻繁に起きています。これは実際生徒がトラブルにあうのは現地での生活が始まってから。

聞いていた情報と違う。
現地の学校が酷すぎるが解約できない。
滞在先がめちゃくちゃ。
国内でしてきたビザの申請が間違っていて余計にお金がかかった。
現地オフィスがあると聞いていたのに週末にやっていないため使えない。
現地オフィスが実はただのレンタルオフィス。
現地オフィスのスタッフがいつも変わり、たらい回し。
現地オフィスが24時間と言っていたのに24時間ではない。
国内と現地のエージェントが代わり責任が取れない。

これらの現地でのサポートがダメな時にエージェントを変えてから他のエージェントがどれだけよかったかが身にしみてわかる。最初から良いエージェントに合っていればどれほど時間とお金が無駄にならなかったことだろう。

ポイント6:ワーホリ、学生ビザの代行も無料か?

学校の紹介や滞在先の紹介はできてもビザの代行はお金をとる場合もあります。
無料といっても何がどこまで無料なのかは経験者でないとわからない、気づかない。

一見やすそうに見えて高くかかるケースもあります。なるべく安い費用でなるべく良いサービスを得られるエージェントを見つけましょう。

ポイント7:留学前の無料授業の有無と体験レッスンの有無

学校を紹介するだけでなく、オーストラリアに着くまえにどれだけ英語力をつけれるかでオーストラリアで学べること、経験できることが180度変わります。

英会話レッスンがついているエージェント、英会話スクールが紹介するワーホリ、オーストラリア留学とパターンは色々ありますが、日本で受ける英会話の授業の質が良いものと悪いものがあります。

素人にはわかりにくいですが、受け比べてみれば授業の良し悪し、先生の良し悪しが素人にもわかります。

こういった比較もしないでエージェントいうから大丈夫、英会話スクールの先生がいうから大丈夫だと自分で考えないで決める人は、悪いエージェントにカモにされます。

インターネットで情報を発信している人もほとんどが学校やエージェントから手数料をもらっているため他社のことで根も葉も無い噂を作ったり、生徒を誘導する場合があります。

自分で最後は決めましょう。

ポイント8:オーストラリア到着前にインターネットや電話番号ゲットできるか?

オーストラリアの空港に到着した時にスマホでネットに繋がることができればすぐに日本人とSNSで連絡が取れます。ライン、メッセンジャー、メール、スカイプなど無料で通話ができる、画像や動画が送れることは安心と安全に繋がります。

こういった細かなサービスはサポートとしてとても重要です。ちなみにこのサービスもエージェントによっては無料でできますので、エージェント選びの参考にしてください。

ポイント9:J-CROSS(留学サービス審査機構)の認証は本当に必要なのか?意味があるのか?

J-CROSS(留学サービス審査機構)とは、留学事業者が適正なルールを満たしているかどうかの認証を行っているとネット上ではJ-CROSSを作った法人では説明されています。

社団法人というと公平性がありそうですが、実はただの株式会社とあまり変わらないと多くの非参加のエージェント会社では言われています。社団法人に出資しているのがエージェント会社なので、むしろ社団法人に出資している会社に利益がある語学学校の紹介をされ、そのほかの優良な語学学校の紹介や情報を教えていない、という意見も出ています。

こういう理由でほとんどの留学エージェントは日本の社団法人のだす資格はほぼ取得せず、オーストラリア政府が出している資格を重視しています。オーストラリアで働く以上、日本の組織とオーストラリア政府は全く関係がありません。

ただその反対意見も、実は自分たちが質の悪いエージェントだから言っているかも知れません。どちらにしても、皆さんに大切なのは、優良な学校や詳しい正確な情報を顧客に提供しているかどうかです。

どちらの主張が正しいのかどうか、トラブルがないようにするには、まずは他社のエージェントと実際にサポートを受けて比べることができるかどうか、違約金が発生しないかどうかの確認すること。
そうすればリスクなく、自分にとって良い情報をゲットできると思います。

  • 日本での協会、社団法人、資格が実際にオーストラリア政府の資格と何が違うのかを明確に説明を行っているか?
  • 日本法人の協会、社団法人が発行する資格を取得していない他社の批判を根拠なしにしていないか?
  • 他社と同時進行でサポートを受けてみることにネガティブな反応を示さないか?
  • 契約の変更や解除のルールがしっかりと説明されているか?



J-CROSSに参画しているエージェントと非参加のエージェントのサービスを受けてみて比較することがトラブルを避け、自分にとってベストのサポートを受ける最善の方法ではないでしょうか。

優良エージェントおすすめランキング!!

優良エージェントのランキング!
これでエージェント選びに迷わなくてすむ。

第1位 アイエス留学ネットワーク

今回数あるエージェントの中で1位に選ばさせていただいたのは、アイエス留学ネットワーク。なぜならエージェント選び9つのポイントを全てクリアし、もっとも質が高かったからです!

さらにワーホリ前の英語力基礎作りとしてフィリピンにももっとも詳しく優良な語学学校を熟知し、生徒様の英語が伸びる学校選びをすることができるのも大きなポイントの1つでした。

アイエス留学ネットワークの9つのメリット
1:完全手数料無料 
2:情熱とスキルを兼ね備えたベテランスタッフ 
3:オーストラリアの情報を広く深く知っている 
4:年中無休の現地サービス
5:無料通話相談
6:ワーホリ、学生ビザも代行無料 
7:特別料金で留学がお得に
8:オーストラリア到着前にインターネットや電話番号ゲット 
9:留学前の質の高い無料英会話レッスン

まずここにあげたアイエス留学ネットワークはその1つ1つのサポート内容のクオリティーが最も高いものでした。

ただ語学学校と同じでいつもアイエス留学ネットワークが1番なのか?というと働くスタッフ、代表や経営陣、出資者が変われば変わると思います。
なんども繰り返しますが、誰かが(他のサイトや私を含め)ここがおすすめ!といってもみなさんが利用する頃には変化しているかもしれません。

だからこの記事ではエージェントを選ぶ上での基準を共有しました。
最後に選ぶのはあなたです。良いものを選ぶ目、情報の海から正しい嘘の無い情報を見抜く目を養ってください。

オーストラリア留学の前のフィリピン留学の情報も詳しい!

オーストラリア、カナダ、アメリカ、イギリス、ニュージランドなどを取り扱う留学エージェントが取り扱うフィリピン留学は全く情報が浅く、現地へ赴くことも生徒への現地サービスも一切ありません。

つまり手数料契約だけをしているので本当は優良ではない語学学校を薦められている場合があります。

しかし、アイエス留学はフィリピンの現地にも訪れ本当に生徒に適した学校選びとオーストリアに留学する前のロードマップまで引いて効果を最大限に引き出します。

アイエス留学ネットワークのマイナス要素は?

本部がオーストラリアな為に日本にはオフィスはありません。毎週説明会が東京大阪で受けられる便利さはありません。

ただ、東京、大阪など大きな都市に住んでいない人には関係ないですし、今はインターネットで電話やビデオ会議ができる時代なので、わざわざ交通費と往復時間をかけて説明会に参加する必要はないんじゃないかと思います。

むしろ都会の高い立地にオフィスを構えて個別相談と称して営業を数時間もされ、契約にサインをするまで帰してくれない、勧誘の電話が鳴り止まない、などの迷惑行為がなくなると思います。

>> アイエス留学ネットワークが気になったらご質問・お問合せはコチラ!

第2位 KRM留学

第2位に選ばれたのはKRM留学!
元気で明るいささいな事まで親身に相談に乗ってくれる優良エージェント。 一緒に悩んでじっくり決めたい!など、留学について悩んでいる方はKRM留学はおすすめです。スタッフも全員女性なので女性は気軽に相談できる。

エージェントで大切なのはきらびやかな写真や個別説明会で営業マンを雇って顧客に売りたいパッケージを売ることではなく、1対1で真摯に向き合うことです。KRM留学を利用して失敗したという話がないのは、誠意があるからです。

またオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、マルタなど英語留学だけではなく、韓国、イタリア、フランスなどのワーホリや留学も幅広く取り扱っている総合留学センターです。

KRM留学のマイナス要素は?

幅広い国数を取り扱っていますが、欧米留学をする前の英語力の基礎作りをする定番のフィリピン留学が取り扱われていないことがコスパ的によくないことです。
マルタ留学が1番安かな留学としてはありますが、マルタ留学はむしろ観光と遊びの為の留学です。マルタ島に観光したい!遊びに行きたい!という方にはマルタは最高ですが英語力が伸びる留学ではありません。

また扱う国数が多いので、オーストラリアに関しての情報が深くはないことです。

ただ目的に応じて利用すればいいことだと思います。フィリピン留学やオーストラリア以外の全体的なワーホリ、留学の情報はKRM留学さんでゲットすれば手間暇が省けます。

>> KRM留学が気になったらご質問・お問合せはコチラ!

第3位 Hanaseru

第3位に選ばれたのはHanaseruです!
フィリピン留学専門のエージェントでかなり尖がった留学エージェントです。
オーストラリア留学の前のフィリピン留学が当たり前になってきた今の時代には
オーストラリアのエージェントと2つのエージェントのメリットを掛け合わせるのはもっとも賢い情報の取り方だと思います。

現地の語学学校を細かくチェックし動画も配信。
またボランティアや社会事業をしながらの留学や留学後のフィリピンでの海外インターンをすることを提案、サポートするSocial留学も運営しています。 

Hanaseruがお薦め第3位な理由は動画情報など現地の語学学校に足を運ぶ回数と学校を選別するアドバイザーが英語がうまい!

以外にエージェントといっても英語が下手だったり、トーイックのスコアだけだったりします。偉そうに情報をたくさん持っているように見せて実はマーケティングが上手なだけだったり。

大きなきらびやかな語学学校、宣伝費にお金をかける学校のみを、生徒の英語上達というそもそもの目的を無視して薦めるエージェントとは一線を画します。

Hanaseruのマイナス要素は?

フィリピン留学以外のオーストラリアには情報がないこと。
ただ逆にいうと、あれもこれもやっているというエージェントは逆に何も知りません。フィリピン留学といっても情報がありすぎて、ほとんどのエージェントでは英語が伸びないという現地では評判の悪い学校を薦めていたり、エージェントが語学学校を経営している場合もあるようです。

フィリピン留学の語学学校と英語学習方法にもっとも詳しいHanaseruとオーストラリアの現地エージェントを組み合わせれば良いだけの気がします。

>> HanaseruやSocial留学が気になったらご質問・お問合せはコチラ!

留学エージェント一覧

  • イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社
    海外留学こちらはエージェントではなく語学学校。特徴は世界中にあるEFの語学学校。写真や動画などを使った広告が上手なので生徒数は多い。注意事項:こういう場合は動画や写真が自分が行く学校と同じかどうか、国籍比率も自分が行く時期はどうなのか?イメージと実際が違わないか?などしっかり確認すること。また各地にあるEFで評判の良い学校とそうでない学校があるかなど現地の情報も大切。

  • ワールドアベニュー
    イギリス、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドを取り扱う。
    ワールドアベニューはAUS州政府認定公認エージェントである。自社で語学学校を営む。日本でのサポートはとても良い。
    注意事項:オーストラリアでのサポートがないという話もあるので現地でのサポートはどこまで何をしてくれるのかを申し込む前に確認を文章で取ること。またエージェントが運営する語学学校に通常紹介するので、基本的に日本人生徒が多い。オーストラリアにいって英語漬けになれると思いきや日本語が溢れている事もあるかもしれないので自分が行く時期の国籍比率や日本語禁止ルールの範囲やルールが守られているかを要確認。日本語禁止の範囲が学校の一部だと放課後日本人の友達と日本語だけになってしまう。

  • Be留学
    オーストラリア留学とイギリス留学専門。Be留学 の コンサルタントは代表である川合 恵美さん。名古屋でカウンセリングをしてくれます。代表が自らカウンセリングしてくれるのは良いですね。若い経験不足の社員では留学は任せられない。

  • 株式会社ハックルベリージャパン
    オーストラリア専門。内容の濃い企画をお客様に合わせて作り上げるを提供します。

  • オーストラリア留学ドットコム
    オーストラリア留学専門の留学代理店です。

  • メリーイングランド
    イギリス、オーストラリアの語学留学を紹介。イギリスではブライトンでホームステイでRegent語学学校。また、オーストラリアのシドニーではオリジナル海外留学 プログラム“JUST FOR YOU”など、一人一人の希望に沿った留学の形を作る。

  • もっと留学ネットワーク
    留学手配料無料。留学でよくある「あるあるネタ」から便利情報まで幅広く発信します。「ハローをつたえにいこう! ハッピーをつかみにいこう!」というキャッチコピー。オーストラリア・ニュージーランド・カナダのワーキングホリデー海外留学を考える方のサポートをしています。

  • beo (ビー・イー・オー)
    カナダ、アメリカ、イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アイルランド、スイスを取り扱う。
    留学カウンセラーは、各国政府公式資格を取得しているプロ。
    パッケージではない、カスタムメイドの留学プラン。
    一人一人の目的や希望に合わせて、学校・コース、期間、滞在先(寮・ホームステイ)などを組み合わせたプランを提案します。
    留学「成功」に向けた留学準備のアドバイスも。
  • P.O.C field Inc.
    アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスをご紹介。
    1週間からの短期留学や長期の語学留学、大学への正規留学、ワーキングホリデー、親子留学にホームステイなど、ご要望に合わせて皆様の海外生活をトータルサポートします。

  • ヒューマン国際大学機構
    留学エージェントではない。有料で大学への留学をサポート。語学学校へのサポートではない。大学との直接提携によりTOEFL等の基準を満たせば日本にいる段階で合格通知が出る。提携校であれば条件付き合格も可能。

  • KALEIDO留学サービス
    手配実績20年以上の『オーストラリア政府認定留学カウンセラー(QEAC 認可D024 号)』がカウンセリングをします。
    日本での「出張留学カウンセリング」もある。あなたの都合に合わせて直接出向いて留学カウンセリングを行います。相談時間の制限なし。
    *1回¥3,500(税抜) +京都市内からの往復交通費がかかります。学生・ワーキングホリデービザ取得案内*申請代行は別途料金となります。留学キャリアを活かした就職支援サポートを株式会社エストレリータ との提携し、『キャリアサポートプログラム』を行う。「キャリアサポートパッケージ」販売価格¥35,000(税抜)

  • アースタイムズ
    手数料無料。アメリア、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランド、イタリア、フランス、スペインを幅広く紹介。海外インターンの情報も。

  • ウィルウェイ外国語スクール
    外国語語学スクール。留学、ホームステイも紹介。
    アメリア、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランド、イタリア、フランス、ドイツ、スイスを幅広く紹介。

  • 株式会社エスティーエートラベル
    旅行から留学まで幅広く。

  • 株式会社ネクストホリデー・留学エクスプレス
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、イタリア、ドイツ、フランス、フィリピンなど幅広く紹介。

  • ISI国際学院 留学センター
    教師宅ホームステイを世界中にご用意。マンツーマンでレッスンが受けられる!アメリカ、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、マルタ、フランス、ドイツ、イタリア、スペインで可能なConcorde International(コンコルド・インターナショナル)プログラム。

  • iSS国際交流センター
    東京、大阪、仙台、福岡、名古屋、横浜にオフィスがある。
    教師宅ホームステイも紹介している。

  • diBec海外大学日本事務局
    アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアの高校・大学・大学院留学のサポート、海外で働きたい人の「アメリカ有給インターンシップ」も提供しています。

  • フィルポータル
    フィリピンのポータルサイトで留学エージェントも行う。

  • 留学屋さん
    基本サービス手数料無料 。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、フランス、フィリピン、マルタ、マレーシアを紹介。

  • 留学ステーション
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、マルタ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、中国を扱う。

  • L.C.A.株式会社(対象年齢18歳以上)
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、マルタ、アイルランド、フィリピンを取扱う。手数料無料。

  • ワイエー留学
    オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フィリピンを取扱う。

  • スモールワールド留学センター
    「静岡と世界を留学でつなぐ」静岡ベースの英会話スクール。
    留学やワーホリ紹介も行う。

  • スマ留
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、フィリピン、マルタ、マレーシアを取扱う。

  • 株式会社留学サイトドットコム
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、マルタを取扱う。手数料無料。

  • LIFE ABROAD (ライフアブロード)
    名古屋駅前にてフィリピン、ニュージーランド、オーストラリア留学を取扱う。お客様一人ひとりにカウンセリングをします。

  • 近畿日本ツーリスト中国四国 中国四国国際交流センター
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、マルタ、フィリピンを取扱う。

  • 株式会社ワールドツーリスト
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、マルタ、フィリピン、南アフリカでの留学を取扱う。海外インターンシップ、ボランティアの紹介もあり。

  • 株式会社 World Trigger
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、アイルランド、フィリピン、フランス、スペインを取扱う愛知県のエージェント。手数料無料

  • 自分留学
    名古屋の「英語放題」という英会話教室が運営するエージェント。
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、マルタ、フィリピンを取扱う。留学前に自社の英会話教室で学習できる。

  • アーク・スリー・インターナショナル
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、マルタ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、韓国、マレーシアを取扱う。

  • 留学スクエア
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、マルタ、フランス、ドイツ、アイルランド、フィリピンを取扱う。留学仲介料無料。為替上乗せ無し、ビザサポート無料。自己手配よりお得にご案内します。

  • 留学タイムズ
    世界45カ国で留学とあるが、ウェブサイトでの紹介国数を数えると34ヶ国。よく見ると紹介実績45カ国とあるので、現在取り扱う国数ではないようです。エイチ・アイ・エスとの公式提携。

  • Vesper 語学学校手配有料
    代表の高橋さくらさんは大手留学センターに6年間勤務した後にお客様の人生のターニングポイントに、より寄り添ったサポートをと独立。こういった方のカウンセリングは価値があり信頼できます。

  • 一般社団法人日本ワーキングホリデー協会
    きちんとしたワーホリのエージェントが参加した組織に思えますが、参加していないエージェントにも多くの優良なエージェントがあり、参加していません。

    実際はワーキングホリデー協会はトラトラというエージェントが買収しているようで、日本ワーキングホリデー協会を通して申込みをすると、トラトラに申込みを促されるようです。ワーキングホリデー協会に限らず社団法人は公平を保つための組織ではなく、1つの会社だと認識された方がいいです。

  • 本気留学 StudyIn
    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、マルタ、フィリピン、ハワイを取扱う。出発まで無料英会話レッスン付き。

  • 株式会社ラストリゾート
    世界中の留学を取扱う。11万人以上の渡航実績のラストリゾート。
    以前は有料手続きでやっていましたが、現在は無料になりました。

  • ウインテック留学センター
    短期研修から海外就職まで22,000種類の留学手配実績。オリジナルのプログラムも相談できる。

  • ウィッシュインターナショナル(WISH)
    語学留学やワーホリ、高校・大学留学やキャリアアップに向けたインターンシップや専門学校など、幅広い。注意事項:海外10ヵ国21都市にサポートオフィスを持ち、日本人スタッフが24時間サポートとネットではあるが、24時間サポートはしないという情報もあるので、必ず文章で24時間サポートはどこまで何をしてくれるのかを確認する事。またオフィスがシドニーをはじめ自分が行く都市にあるのかどうか、自分に関係するオフィスの営業時間やサポート内容の確認をする事。

自分にぴったりの留学エージェントを選んで、世界に飛び出そう!

>> どのエージェントがいいか、ご質問・お問合せはコチラ!
オーストラリアで留学の画像

いかがでしたか? 良いエージェントの見つけ方がわかる参考になったでしょうか?

留学をお悩みの方にとって、留学エージェントは大きな助けとなる存在です。
素晴らしいエージェントカウンセラーとの出会いを心からお祈りしております。

おまけ:無料エージェント VS 有料エージェント

無料と有料エージェントはそれぞれ長所と短所があります。実はエージェント選びを失敗して、特に有料エージェントを選び何十万円も支払い、ワーホリ後に、サービスの悪さに後悔をしている人が毎年出ています。
有料エージェントは、出発手配代行や現地サポートを頼む場合、手数料をとります。エージェント会社によって生徒が支払う手数料は違います。

費用はエージェント会社や留学する期間で違いますが、現地でのサポートを受けられる手数料は、だいたい10~30万円くらいの費用を取っています。

「大手のエージェントは広告宣伝に力を入れているし、留学前や現地でのサポートが充実しているから費用が高くなる」と。つまり簡単にいうと、無料エージェントより有料エージェントはサポートが良い。だから有料の方が確実にワーホリを成功させられる。一生に一度のワーホリが無駄になるかもしれない。と説明したりする。とにかくワーホリの準備を国内でする事が大事。国内でも現地でもサポートしますからワーホリが大成功しますとあなたを信じ込ませようとしますが、実際は全く関係ありません。全て無料エージェントでもできますし、むしろ無料エージェントによっては有料エージェントよりもしっかりとしたサポートをしているエージェントもあります。


The following two tabs change content below.

タグ