【coffee好き必見】マニラにある1千万円以上ロースターマシンのある超こだわりカフェ!Yardstick coffee

2020.04.14
珍しいもの

マニラで人気のカフェ「Yardstick Coffee」をご存知ですか?

ここはスペシャリティコーヒー(*1)を提供しているお店です。
こだわり抜かれた上質なコーヒー、そしてそれを追求し続けるバリスタがいるお店です。
*1:SCA(コーヒー協会)の審査を通過したコーヒー。高品質で特徴的な味わいを持つ。

ラテ

ひと時のhappyを感じたいあなた。

コーヒーの味には、ちょっとうるさいあなた。

たまには贅沢なコーヒーを飲んでみたいあなた。

特別なコーヒーがいただける「Yardstick Coffee」をご紹介します。
コーヒー豆や器具の販売を行っていたり、自家焙煎の淹れたてが飲めたりなど、デートにもひとりで勉強にもお薦めなお店です。
ここの一杯を飲んだら、間違いなくきっとまた来たくなるでしょう!

看板2

1.基本情報

  • 店名: Yardstick Coffee
  • 住所: Universal LMS Building, 106 Esteban, Legazpi Village, Makati, Metro Manila, Philippines
  • 営業時間: (月)〜(土)7:00〜23:00、(日)8:00〜18:00
  • 電話番号: +63-2-8450073
  • 食事: 朝食、ブランチ、昼食、夕食、ドリンク 、デザート
  • 価格範囲 :₱253 – ₱506 (¥600〜¥1,200)
  • URL: https://store.yardstickcoffee.com
  • Email: hello@yardstickcoffee.com
  • Wifi: 有
  • バリスタ有無: 有

メニューリスト
Yardstick Coffeeのメニュー

2.お店の雰囲気

Yardstick Coffeeのインテリアはシンプルで、木製の長いテーブルがすっきりと並んでいます。
ミニマリストなデザインなので清潔で風通しの良く、そして背の高い大きな窓からは日光が差し込み、全体が温かみのある雰囲気です。

一見すると、カフェというより化学室のようにも見えます。笑

Yardstick Coffeeは人目を引くことを目的としていません。
流行を常に取り入れるカフェとは異なり、ただ純粋にコーヒーに向き合っています。
最初に目にするのは、コーヒーメーカーやコーヒーカップが積み重ねられたカウンターと、バリスタがそれらを使って仕事をしているところです。

日本のカフェや喫茶店をイメージして入ると、お店を間違えたかと思うかもしれません。笑

3.バリスタとコーヒー愛

Yardstick Coffee のバリスタがフォーカスしている味やロースティングは一流のものと定評があります。また 、コーヒー豆を最高のコーヒーに仕上げるのに最適なマシンと器具、そして高い知識とスキルを持っています。

それはここのバリスタ達が、常に新しいコーヒーの知識を求めてアンテナを張り、貪欲にトレーニングを受けているからこそ出来ることだと思います。

エスプレマシンLEVR

Yardstick Coffeeのバリスタの方はとてもフレンドリーで、どのコーヒーが自分の求めているものか分からない時は、気さくに質問に答えてくれます。 また、コーヒーマニアの方が水と豆の比率について質問をしていましたが、喜んで答えていました。

彼らは商品の選択肢が多すぎると逆に迷うことを理解しています。 そのため、来店者をスタッフ任せにはせず、ちゃんと見てくれています。

彼らのコーヒーへの愛は、来店者を一杯のコーヒーで満足させる(コーヒーの魅力を知ってもらう)ことに繋がっているんですね。

4.コーヒーとバリスタの情熱

バリスタにコーヒーの質問をするとコーヒー愛が伝わる回答が返ってきます。
そしてその回答は何も知らない私でも「なるほど〜」と感心するほど分かり易く説明してくれます。
またYardstick Coffeeに設置されている器具について質問をすると、全ての工程に合致できます。

「COLD BREW」はどれも人気商品のようでファンが大勢います。
またアイスコーヒーのお薦めは「BLACK MAGIC」と「ICED WHITE」。
ホットコーヒーなら「SINGLE ORIGIN COFFEES」らしいです。

origin

バリスタとして日本や海外で働きたい人、バリスタの知識やトレーニングに興味ある人におすすめ記事はこちら↓ 

半日だけのワークショップから2週間のお店が開けるようになるバリスタになるまでの本格コースをイギリス人バリスタがセブ島で教えています。

5.命のマシン

Yardstick Coffeeは、焙煎機で有名なドイツブランド「DIEDRICH」のロースターを使用しています。(これ1台で1千万円以上‼︎‼︎!)
バリスタにとって焙煎機のクオリティは最も重要です。なぜなら、焙煎によりコーヒーが持つ苦味、酸味、甘味、香りなどの風味が生まれるからです。焙煎次第でコーヒーの味を左右します。「DIEDRICH」のロースターは世界的に有名な焙煎機ブランドのため、上質なコーヒー豆に仕上がるんだそうです。

それとは別に、「DIEDRICH」のロースターを店舗に設置するとカッコイイ!とか重厚感が増す!等、ビジュアル面でも評価されているとか。
見た目、、、大事ですね笑

ロースター全体2
クリーンで甘く、浅煎りから深煎りまでフルバッチで焙煎が可能

またエスプレッソマシンは、イタリアのフローレンスで誕生した世界的に有名なブランド「La Marzocco」の最新のマシンを使用しています。
このNewエスプレッソマシンは、バリスタの作業負担を軽減する様々なオート機能が搭載されているだけでなく、独特の作業音が最小限に抑えられているため、空間を邪魔しません。

エスプレマシン1
300万円以上するエスプレッソマシン…

6.食事とNon-Coffeeドリンク

Yardstick Coffee はもちろんコーヒーショップですが、ここの料理は期待を超えるものだと思います。食事をメインにしているカフェと同等、もしくはそれ以上かもしれません。

ここにはサンドウィッチ、ライスボウル、パスタ、ワッフルなど様々用意されています。
野菜のライスボウル(Best Veggie Bowl Ever)のお米は玄米で、とってもヘルシー。人気はチキンラップ(Sriracha Chicken wrap)とイタリアンパスタ(Bolognase Pasta)です。
もちろん冷たいビールも用意されていますよ!

私のお薦めは
レモンカードのワッフル(Lemon Curd Waffle)です!

ワッフルはカリッとして暖かく、冷たいアイスクリームやレモンカードとよく合います。私がレモン好きというのもあり、ここのレモンカードワッフルは完璧だと断言します。
もちろんその他のワッフルも良いです!
塩キャラメルワッフル(Salted Caramel Waffle)も人気らしいので、試してみてください。

レモンカード2

そして私が大好きな抹茶ラテ。
私が「この店は顧客のニーズを分かってる!」と思うポイントなんですが、
ここには「SWEET MATCHA」と「NAUGHTY MATCHA」という甘さ加減が異なる抹茶ラテが2種類用意されているんです!(普通は1種類で、ほとんどのお店で甘い抹茶ラテが出てくる)
ここのドリンクは全てにおいて素材の味が生きるように作られるので、甘過ぎずちゃんと抹茶本来の味を感じることができる「NAUGHTY MATCHA」があるのが素晴らしいっ!(名前の由来は分かりません笑)

その他TEA(Steampunk)も良いそうです。これはサイフォンを使って作られ、とてもカッコイイとか。

また、コーヒーに合う焼き菓子もたくさん用意されており、様々なラインナップから選ぶのは難しいです。。。

サイドメニュー2

7.ワークショップ

ここではエスプレッソを抽出する体験ができるワークショップ等を提供しています。バリスタは技術に情熱を持っており、それを惜しみなくレクチャーします。

ワークショップスケ

たくさんのコースが用意されているので、興味のある方は下記を参照ください。

Workshops

8.設備

Yardstick Coffeeはこれまでお客様からの要望に応えるべく改善を重ね、WiFiについては通信速度が気にならない無料の無線無LANと、十分なコンセントとスペースを持っています。

ソケット

そのため、コーヒーミーティングやクライアントディスカッションにも適しています。もちろん、リラックスしたり、食事をしたり、友人と会話したり、チャットしたりすることにも、ここはお勧めの場所です。

レスト

9.コーヒー豆、器具の販売

美味しいコーヒーをどこでも楽しめるようにコーヒー豆や携帯できる器具が店頭でもウェブサイトからでも購入できるようになっています。

グラインダー
手動グラインダー 5,500円
円形のマークがコーヒー豆のテイストの違いを現している

まとめ

いかがでしょうか。
私のゴリ押し伝わりましたでしょうか。笑
マカティ周辺の他のカフェに比べて高価ですが、味はそれを補完します。

是非ともYardstick Coffeeへ足を運んでみて下さい!

タグ