フィリピン・バギオで話題のタピオカショップに行ってみた!?【支持率No.1⁉︎】

2020.09.22
バギオ特集

日本では至るところにタピオカショップが乱立し、どのお店のタピオカ、お茶が美味しいのかわからない昨今のタピオカ事情。

筆者は以前まで「台湾式」の文字だけを頼りに店を選んでましたが、今では「台湾」の文字も街には溢れています。
それは日本だけではなく、フィリピン・バギオでも同じです!!

そんな中、私の周りのフィリピン人から圧倒的に支持されている店があります。

それがミルクフリッジです!!


1. 場所

バギオの中心地・セッションロードに二店舗あります。

1店舗目はセッションロードから一本入ったところにあります。


2店舗目はポルタヴァガという、セッションロード沿いにある商業施設の中の1階にあります。

今回は二店舗目のポルタヴァガ店に行ってきました‼︎

2. おすすめメニュー

最近のタピオカ事情はわかりませんがこの店では黒いタピオカ以外にもコーヒーゼリー、ナタデココ、クリームチーズパフ、ミルクフォーム、ミロのシリアル、Treader Joe’s Speculoosというビスケットを砕いたもの、オレオを砕いたもの、クエーカー オーツ、バタースコッチ、スキムミルク… このように様々なバラエティに飛んでいます。

私はタピオカ情勢に疎いので相対的な評価はできませんが、とても魅力的かつ面白く感じます。

このようにバラエティーに富んでおり、自分だけのいっぱいを追求できます



そんな数多くのメニューから筆者的なおすすめ2つを紹介します。

王道・クラシックミルクティー



はい、ここまで散々トッピングを紹介しておいて..と思った人 わかりますがお付き合いください。
結局、シンプルなものが人を選ばず愛されます。

ちなみに私の上司はこのミルクティーをきっかけにミルクティーの沼にはまり、毎食後3回 多い時にはそれ以上、呪われたようにミルクティーを飲んでいます笑

変化球・ミロチーズミルクティー

画像ではプラスチックの容器を使っておりますが、
バギオでは環境に配慮して紙のカップを使用しております。



個人的に一推し、皆さんお馴染みの国民的チョコレートドリンク・ミロ(Milo)です。

冗談は置いといて、小さい頃に一度は親にねだったことがあるのでは無いでしょうか?

ここフィリピンでは子どもだけでなく大人からもMiloは愛されています。

余談ですが、英語圏ではミロではなくマイロと呼ばれています。

Mi=マイ と読みます。

Mike=マイク
Microphone=マイクロフォン
Milo=マイロ

実際、このドリンクを注文した際 何度も「ミロ」といい、通じず恥ずかしい思いをしました。笑

味はミロの甘さとクリームチーズのコクがうまくマッチしており、濃厚ないっぱいとなっています。
筆者はタピオカ初心者なので、開封前にシェイクするという常識を知らず
少々、ミロの粉が残っていて辛い思いをしました。

注文した際は、ストローを刺す前によく混ぜることをおすすめします。

また、注文の際は砂糖の量のリクエストが可能なので甘いものが苦手な日本人でも自分好みの一杯が作れます。

このように3段階のシュガーレベルに加え砂糖を全くなくしたNoシュガーも選択できます!!



3. Uber Eats(的なこと)もできます。

withコロナ時代、Uber Eatsのようなデリバリーサービスは生活していく上で欠かせません。
それはここフィリピンでも同じです。しかし、フィリピンでは(政府主導でUberの締め出しに完全に成功しており?)UberはGrab(グラブ)というサービス売却?買収?になり、その代わりにGrabが活躍しています。

具体的にはUber(配車サービス)の代わりにGrab、Uber Eatsの代わりにGrab Foodのようになっています。

また、そのほかにもFood Panda(フードパンダ)というサービスも頻繁に用いられてます。

私の肌感覚ですがバギオではGrab Foodの導入が少し遅れたのでFood pandaがまだ優勢かなと思います。

グラブのアプリやフードパンダのアプリを入れておくとフィリピンだけでなく、タイやマレーシア、その他東南アジアの国を訪れた時に便利かもしれません。

このように写真もついておりイメージを掴みやすいので英語に不安がある人でも自分の想い通りのオーダーができます。


日本には?

調べてみたところ…今のところミルクフレッジ(Milk Fridge)は日本に上陸していないようです。
ただ、甘いものに目がないフィリピン人が虜になっているので、近いうちに日本のタピオカ業界を蹂躙する日が来るかもしれません。

ミルクフリッジ(Milk Fridge)の名前の通りミルクフォームやクリームチーズフォーム等のメニューが特に人気があります。


マニラやその他の地域にも店舗を展開しています。

タピオカかブームがいつまで続くか(もう終わってる?..)わかりませんがフィリピンに訪れた際はぜひ訪れてみてください!!

タグ